スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突発的に始めてみました。

こんにちは。


何となく突発的に始めてみました。
死神と少女を謎のままプレイしたい・掛け合いなんぞ見たくないという方は閲覧をお控え下さい。




「皆さん、初めまして。遠野紗夜と申します」

「初めまして、紗夜の兄の十夜です」

「……さて、兄さん」

「何だい?」

「よく言われるのですが、結局『死神と少女』とはどのようなストーリーなのでしょう?」

「発売一ヶ月きっているのに、今更それを言うのかい?」

「おかしいでしょうか?」

「いや、何もおかしくはないさ。そうだな、強いて言えば、時計塔が望める美しい港町で美しい少女と死神が出会い、まるで旅をするように、様々な人が持つ物語を垣間見ていく……所謂『雰囲気物』という感じじゃないかな」

「兄さん……。やはり、兄さんは素晴らしいです!」

「愛しい人。俺はお前の望み全てを叶えよう」

「それでは、兄さん。もう一つ質問です。『死神と少女』はシリアスですか?」

「まあ、今までの作品と比べても、かなりシリアスな方だろうね。ただ、章によって、話の雰囲気が変わるから、全てが暗いお話というわけではないよ」

「確かに、日常シーンも全て暗かったら、息が詰まってしまいそうになりますものね」

「そうだね。上質な物語を作るのに、起伏は大事な要素だ」

「成る程、分かりました。では、最後の質問です。『死神と少女』は面白いですか?」

「ははは。随分と突っ込んだ質問をするなぁ。……作者が自分で面白くないと思っている物語なんて存在しないと思いたいけど、ただ、クセが強い作品だから、読者がどう思うかは俺にも分からないな」

「クセが強いのですか?」

「人は選ぶだろうね。あと、いつものTAKUYO作品のノリを期待していると、肩すかしを食らわされるかもしれない」

「肩すかしですか……」

「そんなに難しい顔をしなくても、いつもとは雰囲気が違うと思ってくれればいいさ」

「分かりました。つまりは『独特』ということですね?」

「まあ、間違ってはいないかな」

「まるで兄さんの物語のようです」

「……売れてくれれば良いんだけどな」

「私は兄さんの物語が世界で一番好きですよ。どのような名著でも兄さんの物語には敵いません」

「ありがとう。そういってくれると俺も自信が持てるよ」

「というわけで、『死神と少女』のストーリー紹介でした」

「本音を言うと、どういう物語か言葉にして説明しづらいので、実際にやってみた方が早いとは思うんだけど、少しでも参考になったのなら嬉しいよ」

「まあ、兄さんったら。ふふ」






次回はキャラクター紹介いきます。


ツイッター
プロフィール

死神さん

Author:死神さん
死神と少女のスタッフブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式サイト
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。