スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Valentine's Day 2012

見切れた方々を見たい人はクリックを!











夏帆 「じゃじゃーん! kaho'sキッチン今日は美味しい美味しいチョコカップケーキを作っちゃいます!」

紗夜 「夏帆先生。本日はご指導宜しくお願い致します」

夏帆 「ふっふっふ……。まぁっかせて~! 明日のバレンタインデー、誰よりもすっごいの作るんだからぁ~~!!」

紗夜 「ええ。バレンタイン……それは女性にとって一年一度の特別な日……。どうやって他を出し抜くか、どれだけ印象を残せるか、絶対に負けられない戦いがそこにあるのです!」

千代 「はあ~。そうだったのか……。この時期は女の人の目がギラギラしているのが不思議だったんですが、そういう理由があったんですね! 女の人は凄いなぁ、偉いなぁ……。尊敬します!!」

夏帆 「紗夜ちゃんは、やっぱ、お兄さんが本命~?」

紗夜 「ふふ……。秘密です」

夏帆 「え~!」

紗夜 「夏帆こそどうなのです?」

夏帆 「私はパパにあげるよ~」

紗夜 「あら、その割には一人分多いのでは?」

夏帆 「えっ! そ、それは~……」

紗夜 「好きな人、私に教えてくれないのですか?」

夏帆 「好きな人なんかいないよ! これはただ試作品~!!」

紗夜 「では、そういうことにしておいてあげましょう」

夏帆 「もうもう! 紗夜ちゃんの意地悪!!」

紗夜 「ふふふ」

夏帆 「……ところでぇ~、なーんかさっきからじろじろ見られてる気がするんだけどぉ」

千代 「わっ!? も、もしかして、夏帆さんに気付かれた!?」

紗夜 「気のせいでは?」

夏帆 「そうかなぁ~? ま、いいけどぉ。……よ~っし! 明日に向けて頑張るぞー!」

紗夜 「おー」

千代 「二人とも頑張って下さい!!」



十夜&蒼

十夜 「紗夜……。俺の為にあんなに頑張って……」

蒼 「紗夜はお前に渡すとは一言も言っていない」

十夜 「……じゃあ、何かい。紗夜はお前の為に作っているとでも? 自惚れるのも大概にするんだな」

蒼 「自惚れているのはお前の方だろう」




日生&桐島

日生 「へえ、今年は手作りカップケーキか。さて、お嬢は誰に渡すつもりなのかな」

桐島 「……おい、こんな所見つかったらまずいんじゃないか?」

日生 「まずいも何も、見つかったら晴れて犯罪者の仲間入りだね、桐島君。覗き魔だって」

桐島 「何故、俺を巻き込んだ」



Happy Valentine's Day 2012



画:うしかわかなこ
ツイッター
プロフィール

死神さん

Author:死神さん
死神と少女のスタッフブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式サイト
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。