スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の更新予定のご案内など

本ブログをご覧の皆様、こんにちは。
先週、スペシャルにてBGM視聴ページをオープン致しました。
少しでも「死神と少女」の雰囲気を感じて頂ければ幸いです。
(ちなみに、分かりにくい書き方をしてしまいましたが、「第一章」といっても「第一章」専用の曲というわけではありません)


今回のお知らせは三点です。



その1
既に多くの方がご存じの通り、先週スペシャルのページにて、BGMの視聴が追加されました。
今後も何曲か更新していく予定です。


その2
明日、2月1日にシステムページがオープン致します。


その3
まだ詳しいことは言えませんが、2月10日に皆様待望の「あること」が発表されます。



それでは、次回の更新をお楽しみに。



TAKUYO 藤元




追記ではシステムに関して語っております。






























今回「死神と少女」では、ミニゲームなど複雑なシステムというのは特にございません。
「言の葉」を集めて「絵本」を完成させたり、「言の葉システム」という集めた「言の葉」を組み合わせて文章を作るというものがありますが、やって頂かなくともゲームはクリア出来ます。ただし、コンプリートは出来ません。
「言の葉」自体はゲームを進行して頂ければ、自動的に集まるので、ゲーム初心者という方にも安心です。
「言の葉システム」は好感度の調整や物語の裏側が見られるので(中には隠し……もあったり?)コンプリートを目指す方は是非やってみて下さい。

また細かいシステムに関しては現在TAKUYOで好評頂いている機能は大抵実装されております。
(シナリオ全回想・セーブロック消去機能・履歴ジャンプ・選択肢スキップなど)
この辺りは後のシステムページ後編にて紹介する予定です。


更に「死神と少女」の最大の特徴として、物語が章形式で展開されるというのがあります。
基本的に章ごとに物語が完結していますので、適度に区切りをつけたいと思っている方には丁度良いかもしれません。
また、章によってお話の雰囲気が違いますので、一章があまり好きじゃなかった方は三章が好きといったことがあるかもしれません。(現在、TAKUYOスタッフ内でも好きな章はばらけています)
何故、今回そのような形式にしたのかは、これが一番本作のテーマに沿ったやり方だと思ったからです。

皆様のお好みの物語が一つでも見つかれば幸いです。
各種ルートへの入り方などは、後ほど語れればと思っております。


それでは。
ツイッター
プロフィール

死神さん

Author:死神さん
死神と少女のスタッフブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式サイト
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。